からたち野道

赤い実にくちびる染めて
空を見上げる
これ以上つらい日が
来ませんようにと
飛び石踏んだ
からたち野道花ふく小道
泣いたらだめよと
虫の音小唄
からたち野道
はるかな小道
あのひとのもとへと
続く道
紅い血にくちびる噛んで
空を見上げる
もう二度とつらい日が
きませんようにと
まぶたを閉じた
からたち野道垣根の小道
泣いたらだめよと
沢の音小唄
からたち野道
はるかな小道
あの人の歌がきこえた道
赤い実にくちびる染めて
空を見上げる
これ以上つらい日が
来ませんようにと
飛び石踏んだ
からたち野道草笛小道
泣いたらだめよと
なずなの小唄
からたち野道
はるかな小道
あなたのもとへ
駆けてゆきたい
ひとりぼっちの
陽だまり小道
いつも二人で歩いてた道
こずえの花を
摘みとりながら
泣きべそかいては
困らせた春
からたち野道花ふく小道
泣いたらだめよと
虫の音小唄
からたち野道
あの日のままの
あなたのもとへ
駆けてゆきたい